BCP(事業継続計画)

静岡県信用保証協会格

災害時発動型保証予約システム「BCP特別保証」の事前内定を取得

平成27年3月株式会社 第一技研は掛川信用金庫を通じ、経済産業省中小企業庁-経営安定対策室が指導する、BCP(事業継続計画:Business Continuity Plan)策定企業に適用となる静岡県信用保証
協会制度融資 災害時発動型保証予約システム「BCP特別保証」の保証予約(審査事前内定)を受けました。

1. 取得の目的

株式会社 第一技研では、東海地震に備え、以前から独自のBCP(事業継続計画)を策定し、継続的改善を施しシステムを運用しておりましたが、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の激甚被害状況を目の当たりにし、事業資産の損害を最小限にとどめ、中核事業の継続あるいは早期復旧を確実にする為に、現行BCPの大幅な被害想定引上げの必要性に鑑み改定し、静岡県信用保証協会の制度融資「BCP特別保証」への申請となりました。これは、大規模災害等発生後の早期復旧に向けた資金確保と、本BCPを公にし、社員並びに家族の安全と、顧客サービスの継続を目的としております。
【BCP策定:静岡県事業継続計画モデルプラン(第3版)に準拠】

2. 取得日・更新日・有効期限

初回取得日:平成27年 3月 12日【BCP特別保証内定通知書受領】
第1回更新:平成28年 6月2日 ※一年毎更新
有効期限:平成30年6月1日

3. 制度名

静岡県信用保証協会制度融資:激甚災害保証「BCP特別」

4. 支援機関

  • 掛川信用金庫様
  • 浅羽町商工会様(静岡県袋井市浅名979-1)

5. BCPに関する具体的取組み姿勢

①従業員・家族の安全と安心を守る

  • 社員とその家族の安否確認、安全確保を最優先とする
  • 職場の安全を確保し、就業時間中の災害発生時には従業員、来客に死傷者を出さない

②顧客の信用を守る

  • 製品・サービスの品質確保を図り、企業としての継続的責務を果たす
  • 事業活動に支障となる影響に対し、可能な限り被害を極小化する
  • 顧客・取引先に開示すべき問題が生じた時、その開示に際し、迅速かつ適切な対応を行う
  • 災害時の相互協力業務提携に関する協定締結に向け、県外同業他社との交流・検討を進める

③従業員の雇用を守る

  • 想定内の緊急時、従業員の雇用を守る

上記基本方針を確たるものにするために、「災害は必ず発生する」との、共通認識を全社員が持ち、
事業継続計画の運用を確実にし、協力体制を取り、災害発生時に最善の行動を取れる様指導の徹底、
訓練の実施および事業継続計画の継続的な改善を推進していきます。

BCP計画書策定~運用開始にあたってのご報告

平成27年3月 株式会社 第一技研は掛川信用金庫を通じ、経済産業省中小企業庁-経営安定対策室が指導する、BCP(事業継続計画:Business Continuity Plan) 策定企業のみに適用となる静岡県信用保証協会制度融資 “災害時発動型保証予約システム「BCP特別保証」”の審査通過が完了しました。

ついては、静岡県信用保証協会より、保証予約(審査事前内定)を受けましたので、2015.3.1~弊社運用開始と共に顧客様宛て報告致します。

株式会社 第一技研
代表取締役 樋口三男
BCP統括責任者    
BCP事務局 山崎雅伸